index.htm
Outline.htm
Quality.htm
Environmental.htm
News.htm

Environmental 環境マネジメントシステム

 

環 境 方 針

 

トップマネジメントのリーダーシップの下 「資源の循環的な利用」並びに「生態系の保全」を軸とした社会の実現をめざしEMS”を構築・運営します。

 

1.組織は

 1)環境に配慮した施工の実施

   社会的環境負荷の低減のため、受注、施工、保管、引き渡し、アフターサービスのすべての面で、ライフサイクルを考慮し、製品の環境効率を追求する

 2)気候変動の緩和

   事業活動に伴うオフィスと現場での省エネをめざす

 3)持続可能な資源の利用

   事業活動による廃棄物発生量の削減及び、製品の再資源化をめざす 

 4)生物多様性及び生態系の保護

   施工プロセスにおいて、自然環境の保護を視野に入れた施工管理・品質管理・工程管理を実施し、施工箇所周辺地域等の環境保全を行う

 

を、組織の目的を達成する具体的な取り組みと捉え、その実現のために事業に伴う環境側面の中から、活動、製品及びサービスの性質、規模及び環境影響を含む組織の状況に応じて目標を策定し、汚染の予防並びに持続可能な社会の実現をめざして行動します。

 

2.組織は、順守義務を決定し、それらの順守義務に従って運用が行われていることを確実にするために評価を行うとともに、不適合が確認された場合は適切に修正します。

 

3.組織は、目標の設定、実施状況の監視並びにレビューの枠組みを含め、環境パフォーマンスを向上させるため、EMSを継続的に改善し、実行し、維持します。

 

 

制定 :2017年1月10日

 

代表取締役 子公雄

 

 

 

JIS Q 14001:2015(ISO Q 14001:2015)

 JIS Q 14001:2015

 登録証番号 : JP08/070366

 対象規格  : JIS Q 14001 : 2015

 対象範囲  : 公共工事の設計及び施工と民間工事の施工